「薬剤師の年金」薬剤師の悩みについて

薬剤師の年金

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

日本の経済は現状で先行きが余り明るいとは言えません。将来に不安を感じている人も多いと思います。手に職のある薬剤師なので仕事にあぶれる心配はなさそうですが、老後はどうなるのでしょうか?

薬剤師の場合、年金をWで受給できる
老後の支えと言えば年金になりますが、薬剤師は将来的に年金をWで受給するチャンスがあります。一方の年金は国民年金、厚生年金です。その一方、公益財団法人日本薬剤師会の運営する年金も(加入者に限り)Wで受け取れるのです。

薬剤師会の年金は、一般の年金と同じ日に支給されるので、将来的にはWで年金を受給できる計算になります。それまでの貯蓄があれば、Wの年金とあわせてゆとりある生活が送れます。その日本薬剤師会の運営する年金は、自主的に参加し、自分でお金を月々、あるいは1年毎に納めていかなければなりませんが、若いうちから納めるほどに、掛け金がより大きくバックされるので、お得な制度と言えます。

日本薬剤師会が運営する年金の仕組み
日本薬剤師会の運営する年金の仕組みを説明します。まず、申し込む資格として、薬剤師の国家資格に合格している必要があります。その薬剤師の資格さえ持っていれば、門前薬局で働いていようと、病院で働いていようと、自分で調剤薬局を経営していようと、ドラッグストアで働いていようと関係ありません。

掛け金は毎月1口2,400円です。1ヵ月最高50口まで申し込めるので、月額最高では120,000円の計算になります。年の1回払いでもオッケーなので、年額で最高は1,440,000円になります。

年齢に関係なく、掛け金は自分で設定できます。また、掛け金を何度でも変更できるので、ライフスタイルに合わせて掛け金を増やしたり、減らしたり、色々な方法が取れます。

また、掛け金は投資信託で運用されており、安全な投資先に分散投資されています。若いうちから積み立てて自分の代わりに運用してもらった方が、将来的に受け取れる金額が、払った額よりも大きくなります。そのため、若いうちから1口でも積み立てていった方が、将来的には得をします。

日本薬剤師会の年金に加入するには
日本薬剤師会の年金に加入するには、まず保健師の国家資格を取得している必要があります。その上で、各都道府県に設置されている薬剤師会の会員に登録を済ませます。その上で年金加入を申し出れば、積み立てが開始されます。

まずは公益社団法人日本薬剤師会の公式サイトに入り、入会のご案内という項目から、あなたの住んでいる地域の薬剤師会に飛んで下さい。薬剤師は安定した仕事ですが、さらに安心をしたいなら、Wの年金取得をオススメします。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ