「やりがいが見いだせない」薬剤師の悩みについて

やりがいが見いだせない

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師という職業は、専門の薬学系大学を卒業しなければその資格が得られませんし、国立の薬学系の大学であれば、私立大学ほどには授業料が高額ではないのですが、文学系や理科系の大学よりは高い授業料を納めることになります。そして、私学であればかなりの授業料を6年間も納めなければならないのです。そのような高額なお金を収めて難しい国家試験に挑戦する薬剤師志望のみなさんにはどのような夢があるのでしょうか。それは、将来薬剤師となって困っている患者さんの手助けをしたいとか、安定した国家資格を得て働く場所を手に入れたい。そう思われている方も多いでしょう。

いざ、薬剤師として就職できても、大学時代に学んだこと以上にハイレベルな医学の知識を要求されますし、年収も思ったよりは少ないことがあります。たとえば、病院内の薬剤師の役割ややりがいなども、その薬剤師の位置するポジションによりだいぶ変わってきます。医療チームの中で活躍する病院薬剤師は、医療の最先端でその能力を活かす事でやりがいを感じるのではないでしょうか。重篤な患者さんへの調剤がうまくいって回復にむかったときなども薬剤師としての仕事に誇りとやりがいをかんじるでしょう。服薬指導を行うばあいなども、患者さんに感謝される事で多くのやりがいを感じると言いますので、その薬剤師さんが置かれる立場により、そのやりがいも異なるということなのです。

保険薬剤師は、患者さんへの薬の指導や説明をして感謝された時、薬剤師という仕事を選んで良かったと思うはずです。薬剤師におけるやりがいは、その存在感が強まるほど、同僚や患者の信頼感が強くなるほど多くのやりがいを感じるのではないでしょうか。その反面、薬剤師がやりがいを感じられないと思う場合はどんなときでしょう。

病院薬剤師の場合、その仕事というのは非常にハードで、時間的にも肉体的にも大変な業務であります。病気と闘っていてストレスをたくさん抱えている患者さんに、こころない言葉をかけられてしまう場合が多いと聞きますが、そんな時は疲れも倍以上に溜まります。時間的にハードな勤務ゆえ、新薬の勉強をする暇もなく患者さんにお出しするというジレンマも、長く携わればやりがいを失わせる要素になり得ます。

社会に出てしまうと、時間やしがらみに流されて、どうしても専門分野の本を読み漁ったり、医薬の研究会に出る機会が少なくなっていくでしょう。現況の仕事、ただ薬を調合するだけの薬剤師という仕事にやりがいが見つけられない場合は、転職も視野に入れて考えてみたらどうでしょう。薬剤師としてやりがいを感じるのは、自分の仕事に自信が持てて、患者さんから感謝の言葉をいただけたときなのではないでしょうか。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ