「公務員の薬剤師」薬剤師の悩みについて

公務員の薬剤師

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師の資格を持っている人の中には、地方公務員として地方自治体の薬剤師になるか、民間企業の薬剤師になるかを悩んでいる人がいるようです。実際はどちらが良いのでしょうか?

なれるなら、公務員が有利
結論から言います。なれるのなら、公務員になった方がいいです。薬剤師の中には安定志向の人が多いので、その安定志向に公務員という立場が合致します。

しかし、問題もあります。地方公務員の薬剤師は保健師と同じで、簡単に誰でもなれるわけではありません。各自治体ともにそれほど人材を募集しませんし、募集がかかっても多くの薬剤師が応募してきます。競走倍率も高くなるので、生半可な学歴、キャリアでは合格できません。ただし、あくまでもそういった地方公務員採用試験を合格できるという前提があるのならば、公務員を選んだ方が得策です。

公務員は、安定した人生が送れる
公務員の最大のメリットは、安定した人生が送れる点にあります。安定を面白みのない人生だと考える人もいますが、安定を望む人には最適の職場です。最近では公務員に対する風当たりも強く、公務員の身分保障に対する聖域を破壊しようという動きもあります。そう言った意味では、今までの公務員以上に安定があるとは言いがたいですし、保障もありませんが、それでも毎日頑張って仕事をしている限り、解雇という結末はなかなか考えられません。

公務員の求人、具体例
では、実際にどのような求人が、地方自治体から出ているのか調べてみましょう。どこでも良いのですが、薬の町として発展し、現在でも置き薬という独自のスタイルを全国に押し広げている富山の薬、富山市をチェックしてみましょう。

平成24年度の職員採用試験案内の薬剤師は、以下のようになっています。参考までに、富山市の人口は平成24年現在で422,113人です。

採用予定人数:2名程度

試験内容:
第一次試験→筆記(教養、専門、短文論述試験、事務適正検査)
第二次試験→面接試験、身体検査

初任給:
大学6卒→205,485円
大学4卒→184,164円
+諸手当(扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当)

業務内容:
市民病院、保健所にて薬剤、検査に関する専門的業務
という内容になっています。

肝心の受験者と合格者の関係ですが、
平成24年:受験者4名→合格者2名
平成23年:受験者7名→合格者4名
平成22年:採用なし
平成21年:受験者5名→合格者2名
という感じです。競走倍率は常に2倍から3倍です。

行政保健師の倍率が常に5倍から10倍という高さになっている現状と比べれば、薬剤師の公務員試験は比較的競走倍率が低いと言えます。ただし、薬剤師はあなたも含めて優秀な人が集まるので(もちろん保健師も)、そうとうの準備が必要になります。

1度はチャレンジしてみよう
結論としては、悩んでいるなら1度は受験をした方が良いです。1度どころか、年齢制限がゆする限りは、チャレンジしても構わないと思います。薬剤師の年齢制限は比較的高く、30歳を超えても応募できる自治体が多いので積極的にチャレンジしてみて下さい。特に結婚、出産、育児と仕事を離れがちな女性の場合は、公務員の方が手厚く保護してくれるので安心です。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ