「うつ病になりそう」薬剤師の悩みについて

うつ病になりそう

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

慌ただしい4月があっという間に過ぎ、5月の半ばともなると、厳しかった就職戦線のテレビのやマスコミ報道や特集も見られなくなりました。希望通りに一流企業に就職できた新入社員の薬剤師のかたは、先輩たちから仕事の内容や流れなど指導をうけ、そろそろ職場環境や仕事内容の概要がわかってくるのではないでしょうか。患者の病気や怪我を良くするための薬剤を提供する薬剤師ですが、この薬剤師にうつ病が多く発生しているといいます。薬剤師のうつ病は、さまざまな理由によって引き起こされていると考えられます。

調剤薬局などの薬剤師は、患者との関わりの中で心無い患者さんにいわれのない非難の罵声を浴びせられる事もあるようです。長時間、調剤室という密室の中で、ある一定の同僚や上司などと過ごすことによって、過度にストレスもたまります。ほとんど調剤室の外へ出ることもできないため、そのストレスが発散できないといったことも理由の一つようです。

医院や病院の医局勤務の薬剤師などは、医師や看護師などとの関わりが気が重い原因となっていることが多いと聞きます。直接的に毎日医師や看護師さんと関わることはないのでしょうが、同じ病院で働く者同士として、まったくノンタッチに済まされることはできないからです。また、規模の小さい病院の医局は、経営者である院長やベテランの先輩薬剤師や看護師と折が悪くなったら、そこには居られなくなる場合もあります。

企業勤務の薬剤師などでは、薬を売るという目標や、新薬を開発するというプレッシャーによる、うつ病の発症例もあるようです。もともと薬剤師のみなさんは、厳しい大学の講義や勉強に耐えてきた、真面目な性格のかたが多いのではないでしょうか。昨今のインターネット網の発達による弊害もちらほら見られるようです。もちろん、好意的なブログやサイトがほとんどですが、中にはいわれのない書き方をネット上でされてしまったことが、うつ病発症の発端となることもあると言われています。読めば個人を特定できるような批判記事も多く見られ、こうした事が薬剤師のうつ病発症の原因となっていると思われます。

薬科大学を卒業し、有望で価値ある資格を取得しているのに、うつ病を理由にやめてしまうのは大変残念です。気分がすぐれない原因が、現在のその職場の人間関係だというのであれば、転職をして職場を変える事で改善はできないでしょうか。薬剤師を募集斡旋している大手転職エージェントでは、登録から利用、入職にいたるまで、全て無料で、専任のコンサルタントが相談にのってくれるシステムも完備されているようです。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ