「調剤薬局」で働く薬剤師の悩みについて

調剤薬局で働く薬剤師の悩みとは!?

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

調剤薬局は処方箋を応需して実際にその方に必要な薬を配合し、服薬指導とともに引き渡す仕事がメインになるのですが、ただそれだけのために店舗を運営しているわけではなく、一般医薬品の販売も行っています。基本的に医薬品の値段に関しては店舗が独自に変えることができなくなっていますから、競合する薬局が近隣に増えてきた場合、安売り以外の方法で対抗することが必要になります。調剤専門で活躍していた薬剤師の方であっても、そのような店舗運営、経営の変化の影響を無視するわけにはいきません。

近年増えている薬局のタイプとしては○○ドラッグという名称で日用品や雑貨、食料品など幅広く取り扱って販売する形態のものです。医薬品だけではなく日用品の買い物にも選んでもらおうという意図の店舗が増えていて、調剤薬局であってもそのようにドラッグストアのような形態にシフトしつつある例もあります。その場合調剤担当の薬剤師が意図しない仕事を行わなければいけなくなるということが悩みのタネになることがあります。

また、病院の近くにある調剤薬局の場合、季節的な繁忙期が明確であるということもあります。ただ想定していたよりも利用者が極端に多くなってしまった場合など、従来の体制ではまかないきれないという事態も起こり得ます。花粉症や風邪が流行するタイミングで一気に忙しさは増し、そのような時期は休暇も思うように取れないということが悩みになることも多いです。店舗運営側もそのような時期は非常勤の人員を追加しようと考えるのですが、どの調剤薬局でも同様ですので、簡単には増員できないということがしばしばあります。

どれだけ忙しくても一件の調剤にかかる時間を短縮できるものではありませんので、処方箋を求める患者さんが増えればその分だけ忙しく、反面オフシーズンには閑散としてしまうこともあるため販売にも力を入れなければいけないというジレンマがあり、人員的に最小構成で運営される例も多く、調剤だけに関わり続けるわけにはいかないということも仕事を続ける上で悩むポイントになっています。

現在ではさまざまな形態の薬局が増えていますし、調剤は行いたいけれど他の業務に関してはどうしてもモチベーションが上がらないということであれば、一旦転職エージェントに相談して、もっと最適な職場がないかどうかを検討することも大切です。どのような分野でどのようなスキルを伸ばしていきたいのか、ということは妥協すべき点ではありません。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ