「調剤ミスをした」薬剤師の悩みについて

調剤ミスをしてしまった

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

医師や教師、薬剤師など、人の命や成長に関わる仕事をしている人たちは、毎日の仕事をやっていくうえで、かなりのストレスや重圧を感じているでしょう。新聞やニュースで大きく報道されたので、記憶に新しいと思いますが、ある大学病院で手術ミスをしてしまった医師団が、法廷の場に出されて、その責任問題を問われたことがありました。

手術ミスで死亡してしまった患者のご遺族のかたにとっては、保証金の金額の高い低いの問題だけでなく、なぜ、優秀なはずの大学病院の医師団が手術でミスをしたのか、ミスをしたあとの対処と、遺族に対する態度を世間に問いたかったのだと思います。医師の場合だけが問題になるのではなく、薬剤師が調剤ミスをした場合、結果として書類送検されることが多いといいます。

調剤ミスに気づかず患者に渡してしまった薬物を患者が服用し、死亡してしまった場合などによくあるようですが、死亡にまでは至らず、それほど大きな症状がでない場合は、穏便に済ませてもらえたケースが、非常に多いのだと聞きます。重篤な症状が出なかった場合にはそれで済むのかもしれませんが、そうだからといって胸をなでおろして、「裁判にならなくて良かった」ではないのだということを、薬剤師は常に認識しなけれなならないのです。調剤ミスによって患者を死亡させてしまった薬剤師の中には、それを苦に仕事をやめてしまい、自らも心の病になってしまったケースもあるようです。

それくらいの覚悟と意識を持って業務に当たらなくてはならないと言えるのですから、医師や薬剤師という職業は大変責任が重くなります。もし、万が一でも、調剤ミスの経験があり、それによって薬剤師を辞めようと考えている人や、調剤ミスを軽く考えているような薬局に勤務していて、職場に不信感を抱いているような薬剤師は、薬剤師専門の転職支そう援サービスに相談してみてください。

調剤ミスに対して、かなり厳しい薬局や病院であったほうが患者の立場や命を守る事ができ、最終的には自分の身を守る事につながるのです。高い向上心や道徳心を持った薬剤師には、それに見合った職場があって然りです。調剤ミスに厳しいのは、患者側からすれば、人道上当たり前の事であり、そうでなかったら患者の命が守られないです。患者は薬に関して素人ですから、薬のプロである薬剤師が出した薬は安全なものと思い込んでいます。それを裏切る結果となる調剤ミスは、絶対にしてはならないものなのです。薬は正しく使用すれば病気を治してくれる素晴らしいものですが、一歩調剤ミスをすれば、大変危険なものになりますから。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ