「職場に不満がある」薬剤師の悩みについて

現在の職場に不満がある

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

一般的に医薬品とは、飲んだり、塗ったり、注射したりすることにより、人や動物の疾病の診断、治療、予防を行うための薬のことで、医療用医薬品と、薬局・薬店で誰でも購入できる一般用医薬品とは大別されます。医薬品とは薬事法で、そのように分類されているのです。医療用医薬品とは、医師等によって使用され、お医者様の処方せんや、指示によって使用されることを目的として、患者さんに出される医薬品のことをいいます。

でも、法的な定義がある訳ではなく、医療用医薬品であっても処方せん医薬品に指定されている医薬品でなければ、処方せんがなくても、薬局や医薬品販売業者で誰でもだれでも購入でききます。ドラッグストアーなどで、棚に並べられたお薬の説明書きに、「このお薬は薬剤師のご説明が必要になります。薬剤師が不在の場合はお売りすることができません」と、但し書きがされている場合があります。

つまり、薬剤師の仕事というと、まず思い浮かべるのがドラッグストアなどで白衣を着て、お客さまの相談にのりながら、風邪薬や栄養剤、はては養毛剤などをおすすめしているイメージ強いのも、気楽にドラッグストアーに足をはこんで、消費者のみなさんがどんどんお薬を買っているからでしょう。「本日は薬剤師が常駐しておりませんので・・・」と言われれば、リアップで有名な養毛育毛剤などは買えないのです。では、薬剤師とは、ほかに実際にはどんな仕事をするのでしょうか?薬剤師の仕事のおおまかな種類と現状における不満など書いてみます。

薬剤師の職場は大きく分けると4つになります。ひとつは調剤薬局、ふたつめはドラックストア、みっつめは病院、そして製薬メーカーで勤務の4つです。調剤薬局では、医院の開いている時間よりも長く勤務しなければならないという、長時間勤務に対する薬剤師の不満が多いようですふたつめのドラッグストアー勤務では、お客様への薬剤の説明のほかに、レジが混んで来ればレジ打ちをし、たとえば、紙おむつやトイレットぺーパーなどの品だし、陳列までやっているのが現状で、薬剤師の本来の仕事に集中できないという不満につながっているのです

もちろん、病院での薬剤師としての勤務にも多くの不満はあるようです。救急指定になっている病院では、看護師や医師だけでなく、薬剤師にも夜間勤務がありますし、その割に給料があまり高くないようです。病気のかたの命をあずかる仕事としては、それにみ合った勤務体制や給与体制が整備されることを望みたいものです。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ