「ドラッグストア」で働く薬剤師の悩みについて

ドラッグストアで働く薬剤師の悩み

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

近年のドラッグストアは利用者にとってはとても利便性の高いお店です。夜中まで営業しているところもありますし、しっかりと薬剤師が常駐していて必要な医薬品をいつでも購入することができる事に加え、日用品や雑貨品、食料品までも取り揃えていて、日々の買い物の選択肢として選ばれる店舗が増えています。反面、本来持っていた薬局としての役割が薄れつつあるのが実際です。ドラッグストアの薬剤師に至っては販売員と同等の扱いをされることもありますし、品出しやレジなど、一般的な店舗運営業務を行うこともあり、しかもその比重が大きくなってしまうと本来の自身の役割がなんなのかということを見失ってしまうこともあるというのが悩みのひとつです。

一般医薬品を取り扱うことも多く、店頭でどのような薬を買えばいいのかということに関しての相談を受ける機会も多いので、人と接することが好きな方にとっては最適なフィールドでもあるのですが、医薬品以外の部分でも質問されることもあり、日用雑貨品に関しての質問などを受けてしまうと専門外のことであるため回答に困ってしまうこともあります。ただ、店舗のサービスとしては答えないということができないので、仕事として割り切って対応する必要があります。

長く勤めていると薬剤師としての本分がなんだったのかということに戸惑ってしまうこともありますし、薬剤師を志した理由や、本来の目標などに関しても見失ってしまうことがあるという点にも悩む方が多いです。医薬品を販売するためにその場にいなければいけないという理由だけで薬剤師としての自分自身がそこにいる、ただいるだけでいいのではないかという気持ちを抱いてしまい、他の販売員と同じような仕事に甘んじてしまう方も中にはいます。

どうしても店舗では販売重視になることが多く、売れ筋の医薬品を揃える必要があるという点においても、理想を高く持つ薬剤師にとっては悩みになります。画期的な新薬が登場したとしても、金額が高いものであれば売りにくいですし、安価でそれなりの効果を持つものを優先しなければいけないということに対してのジレンマを抱えるケースもあります。

薬剤師としてもっと本分をまっとうしたい、自分の能力を発揮したいと考える場合は次のフィールドを求めるのが最良な場合もあります。本当にしたい仕事はなんなのかということを相談できる相手が転職エージェントですので、まずは登録して相談するところからはじめてみることをオススメします。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ