「薬剤師の将来性」薬剤師の悩みについて

薬剤師の将来性

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師は必要無いと言う、心無い意見もあります。薬剤師の存在がいまいち医療機関の中で確立されておらず、医師の処方箋を作るだけの職工になっているからです。薬剤師を廃止にしろという過激な発言も一部では聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

薬剤師の未来は明るい
結論から言えば、薬剤師の未来は明るいです。薬剤師に変化を求めるニーズがあり、そのニーズに応えるべく、薬剤師の業界も動いているからです。

1、医師は薬剤師の積極的な医療への参加を求めている
2、薬学部も6年生になった
という現状があります。

どちらも薬剤師の専門性をもっと社会に、医療の世界に対して役立てて行こうという試みです。大昔は薬剤師が医師の代わりを果たして、多くの人を傷病から救ってきました。医師の立場が確立した現在でも、薬剤師の貢献できる、薬剤師にしか貢献できない、医師には踏み込めない世界があるのです。

1、医師は薬剤師の積極的な医療への参加を求めている
でしゃばる薬剤師を持ち前の自尊心でねじ伏せる医師は、残念ながら存在します。薬剤師が病棟をうろうろしているだけで、邪魔者扱いする看護師もいます。いつの間にか薬剤師は医療職の中で肩身の狭い立場に追い込まれてしまいました。その原因は2つあります。薬剤師が力を発揮できる環境が整っていない制度の問題もありますし、一方で薬剤師自体が調剤の作業に引っ込んで、自ら調剤室を飛び出す勇気を持たなかったからでもあります。

しかし、医師の中には、薬剤師の積極的な関与を求める声もあります。例えば救命救急領域において、医師は根拠も持たないまま、保険的に抗菌薬を投与するケースが見られます。エビデンスに基づかない判断ですが、こうした易感染状態の患者に行なう抗菌薬治療は、医師よりもむしろ薬剤師の方が得意としている分野です。こうしたケースで多くの医師は助言、提言をもとめているのです。

2、薬学部も6年生になった
教育の現場も2004年に変わりました。従来の4年生から、医学部と同じ6年制に変わり、医療の現場に深くコミットできる人材の輩出がすでに始まっているのです。例えば岩手医科大学は、医師の信頼できる、対等のパートナーになれる人材を、今まで以上に積極的に輩出する気概をもっています。こうした6年制の学部を卒業した若い薬剤師が、現在の医療の世界に蔓延している、医師>薬剤師という図式を打ち破っていくと予想されます。医師と薬剤師が対等に医療の現場にたずさわり始めた時から、医療も変わっていくと考えられます。医師の負担も減り、薬剤師の地位も向上します。

薬剤師の地位向上に、貢献しよう!
今から薬剤師を目指す方、6年制の大学を卒業しなければならず道のりは遠いですが、頑張って下さい。薬剤師の世界は今まで以上にエキサイティングになると予想されていますし、明るいです。仕事先も豊富にありますし、頑張れば高給も期待できます。薬剤師など不要だと心無い発言をする人間が1人もいなくなるように、あなたも薬剤師のイメージを変えるリーダーの1人になって下さい。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ