「激務に耐えられない」薬剤師の悩みについて

激務に耐えられない

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

医師や看護師の激務の様子はマスコミにもたびたび登場します。自分が入院して手術などをした場合は、看護師の献身的な仕事ぶりを目の当たりにしますし、お医者様が休憩時間もなくたくさんの患者に対応することも実際目にします。しかし、医局の薬剤師や調剤薬局の薬剤師の仕事というものがどんなにハードかを放送した、テレビ番組やマスコミは少ないのではないでしょうか。ドラマなどでも、医師や看護師が主役のパターンが圧倒的に多いからです。

薬剤師は医療現場にはかかせない存在であり、崇高な仕事だとは認識していても、一部の人は「給料が高くていいな」とか、「けっこう暇なんじゃないか」などと誤解する向きもあるようです。あるアンケート結果によると、薬剤師が激務と考える理由は、「医師との関係性が複雑で難しい」が1位で、2位が「看護師との関係が複雑で難しい」、3位が「お客様のクレーム」。同位で「経営者との関係」があがっていました。本来なら業務時間が長いことが激務の理由にあげられそうですが、激務だと思う理由が、勤務時間ではなく人間関係によるものだという結果は興味深いです。

一方、1日の労働時間は、「8?10時間」が38%、「10?12時間」が33%と、ほとんどの薬剤師がこの時間で働いている結果となったようです。一般の営業マンやサラリーマンも残業手当なしで長時間働かなければならないケースが多々ありますから、薬剤師の勤務時間が長いとは一概にはいえません。ただ、普通は昼の休憩時間を抜いても、8時間くらいがが人間として快適に働ける時間なのではないかと思います。薬剤師の3割を超えたかたが、10?12時間の仕事をこなしています。

この結果によっても、薬剤師の仕事はかなり激務と言えるのではないでしょうか。過酷と言われている薬剤師の業務ですが、実際の調査では、「毎日楽しくて仕方がない」と答えた方が5%、「過酷とは思わない」と答えた方が21%、「ときどき嫌になることがある」と答えた方が43%となっており、それほど過酷とは思っていない方が69%になりました。なかでも個人医院やクリニックに勤めている薬剤師は、他の勤務先と比べると「過酷とは思わない」が29%でした。個人医院・クリニックの業務は比較的ゆとりのあるものであることが判明したようです。

今後働きたい職場は、「調剤薬局」「今と同じ職場」がほぼ同数で、次は「総合病院」です。理由は、「調剤薬局」と答えた人は、仕事のパターンがわかっているから、時間的に融通がきくから、体力的に楽だからなどの理由をあげています。今後の、薬剤師の転職場所としての「調剤薬局」の人気は不動のものになるのでしょうか。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ