「薬剤師の就職難」薬剤師の悩みについて

薬剤師の就職難

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師は難易度の高い試験に合格しないとなれません。2004年に大学薬学部の制度が変り、卒業までに6年の歳月が必要になりました。しかし、長く険しい道のりを経て薬剤師になっても、今後は就職難になるという意見もあります。その悲観的な見方は、本当なのでしょうか?

選ばなければ、職はいくらでもある
結論から言います。選ばなければ、職はいくらでもあります。薬剤師の国家資格を持ちながらどこにも就職が出来ないという状況は、ありえません。世の中には薬局やドラッグストアが豊富にあり、そうした場所が全て薬剤師を募集しています。不安ならば試しに、ネットで転職支援サイトをチェックしてみると良いです。自分では選べないくらい、求人が豊富に存在しています。

しかし一方で、仕事を選ぶと就職が難しくなるという事実はあります。その理由は大きく分けて2つあり、
1、人気の仕事は常に採用枠が少ない
2、今後、新たな薬剤師が過剰に誕生してくる
からです。非常に気になるポイントだと思うので、少し詳しく語ります。

1、人気の仕事は常に採用枠が少ない
薬剤師が自分の力を最大限に発揮できる場所は、病院です。医師の出した処方せんを下請け業者のようにただ調剤するのではなく、医師と対等な関係で、薬剤治療に乗り出していく仕事は、エキサイティングです。例えば救急医療で免疫の落ちた患者の感染症を防ぐための提言などは、薬剤師の最も得意とする分野の1つです。医師と対等の関係で協力し合える薬剤師は、最高の職場を見つけたと言えます。

また、製薬会社での研究もエキサイティングです。薬の開発に巨大な予算を使って取り組めるからです。

しかし、そうした仕事は、常に皆がやりたいと思っているので倍率が高くなります。皆がやりたいと思っているのに、皆を受け入れるほどのポジションが病院にも製薬会社にもないのです。

2、今後、新たな薬剤師が過剰に誕生してくる
他にも問題はあります。薬学部が6年制になった結果、受け入れる大学側にも変化が出てきました。6年も学生が在籍するとなれば、大学の側は6年分の学費を学生から引っ張ってこられます。大学も経営が苦しく、どこも生徒の確保で精一杯です。その結果、薬学部を設置して生徒1人から引っ張り出せる学費を増やし、経営を伸ばそうと考えた大学がたくさん出てきたのです。規制緩和も行なわれたため、新規の薬学部がたくさん生まれ、今まで以上に多くの学生が薬剤師候補として毎年輩出され続けています。

そのうち、薬剤師が過剰になるといわれています。看護師のように国家資格を持ちながらも働いていない人材は、薬剤師の場合、余りいません。皆が資格を取得した後、その資格を使って色々な形で働き続けます。その結果、薬剤師が過剰になるといわれているのです。

薬剤師として、自分の価値を磨こう
やはり、自分で希望する仕事に就きたいと思えば、自分の価値を磨かなければいけません。自分の市場価値をあげようと頑張るのです。そのためには社会に出ても勉強をくりかえし、自分の専門以外の分野にも興味関心を持って、自分のキャパをどんどん押し広げてください。その果てに、自分の希望する職場が見えてきます。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ