「薬剤師の国家試験」薬剤師の悩みについて

薬剤師の国家試験

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師になりたいと思ったとします。そのためにはまず薬学部を持っている大学に進学して、最低でも6年間勉強し、全ての単位を取得して卒業をしなければいけません。そうしないとスタート地点にすら立てないからです。その後で初めて、国家試験の受験資格がもらえます。

■薬剤師になるには、薬剤師の国家資格にパスしなければダメ
薬剤師になるためには、国家試験に合格しなければいけません。例外も、抜け道もありません。どんな人であっても、日本で薬剤師になりたいと思ったら国家試験に合格しなければいけないのです。なぜ合格しなければいけないのか、日本ではそのように法律が決まっているからです。

1、薬剤師法で、薬剤師の免許の取り方がしっかりと明記されている
2、薬剤師法には、免許を手に入れられない人の条件も記されている
薬剤師法は、薬剤師の全てを決める大切な法律です。知っておいて損はないので、詳しく見てみましょう。

1、薬剤師法で、薬剤師の免許の取り方がしっかりと明記されている
薬剤師のあらゆる決まりを記した薬剤師法です。その第2章には免許に関する記述があります。

その第2章第2条には以下のように記されています。「薬剤師になろうとする者は、厚生労働大臣の免許を受けなければならない」

この1文がある以上、年に1回催される薬剤師の国家試験に合格して、攻勢労働大臣から免許を出してもらわなければいけないのです。

2、薬剤師法には、免許を手に入れられない人の条件も記されている
薬剤師は誰でもなれる職業ではありません。国家試験を受験していい成績をおさめたとしても、薬剤師にはなれない人も決まっているのです。薬剤師法の第2章、免許に関する部分の第4条、第5条に、薬剤師になれない人の条件が書かれています。これから薬剤師になりたいと考えている人には重要な部分なのでそのまま抜粋します。

第4条「未成年者、成年被後見人又は被保佐人には、免許を与えない」
第5条「次の各号のいずれかに該当する者は、免許を与えないことがある。
1.心身の障害により薬剤師の業務を適正に行なうことができない者として厚生労働省令で定めるもの
2.麻薬、大麻又はあへんの中毒者
3.罰金以上の刑に処せられた者
4.前号に該当する者を除くほか、薬事に関し犯罪又は不正の行為があった者

以上です。特に第5条は気をつけなければいけません。心身の健康を害している人、麻薬の所持、使用、売買で逮捕された人、罰金以上の刑を食らった人、薬事に関連した何らかの犯罪を働いた前例のある人は、試験を受験して良い成績をおさめても、合格しない可能性が強いです。その手の情報は省庁間で融通され、合格者を決める時に情報照会が行なわれます。隠し通そうとしても無理です。

■不安なら、厚生労働省に問い合わせてみよう
人身事故を起こしている人や、精神の病で病院通いをしている人などは、注意をした方が良いです。せっかく大学に6年通い、国家試験を受験する資格を手に入れても、合格できない可能性もあるのです。第4条、第5条にあてはまるかもしれない人は、厚生労働省に直接聞くと良いです。厚生労働省は無料のメール相談コーナーを設けてくれているので、自分の現状を正直に話し、第4条、第5条に該当するのかチェックしてみて下さい。実名公開が嫌なら、匿名で質問もできるようになっています。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ