「薬剤師のアルバイト」薬剤師の悩みについて

薬剤師のアルバイト

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

女性が多い薬剤師の世界です。女性はどうしても出産というプロセスを経るので、仕事を離れなければなりません。出産を機にキャリアをリセットする女性も多く、出産後は子供の育児が終わるまで、アルバイトで過ごしたいと思う女性もたくさんいます。では実際、そう思った時に簡単に薬剤師のアルバイトは見つかるのでしょうか?

薬剤師のアルバイト市場は、盛り上がっている
結論から言うと、薬剤師のアルバイトは盛り上がっています。アルバイト要員を募集する企業、アルバイトに応募する薬剤師、双方にメリットの多い勤務形態だからです。

1、企業は経費を大幅に抑えられる
2、薬剤師は時給2,000円以上の仕事を簡単に見つけられる
という現状があります。大切な部分なので、少し詳しく考えてみましょう。

1、企業は経費を大幅に抑えられる
薬剤師の勤務先は、医師や看護師よりも、広範囲にわたります。個人経営の薬局や、大手資本のドラッグストアなど色々です。そうした企業体は病院以上に経営にシビアで、人件費の抑制にやっきになっています。

社員を抱え込んでしまうと、ボーナスや社会保険の面で大変な出費になります。その点アルバイト要員なら、アルバイト代を渡すだけで済むので、企業にとっては大変なメリットになります。

しかも薬剤師の場合、皆が国家試験という最低限の基準をクリアしてきています。その分だけ人材に外れが少ないので、企業にとってもアルバイト要員をどんどん増やしたい本音があるのです。

2、薬剤師は時給2,000円以上の仕事を簡単に見つけられる
一方、薬剤師の方にもアルバイトという勤務形態はメリットが大きいです。特に結婚、出産、育児で仕事を離れる機会が多い女性にとって、つなぎの仕事が豊富にあれば助かるはずです。子供を幼稚園に通わせている間の午前中3時間だけ働くなど、都合の良い勤務形態を希望できるので、女性の薬剤師にはありがたい現状があります。

また、単なるアルバイトでは稼げないような、時給2,000円以上の仕事がいくらでもあります。午前中の3時間働いただけでも日給6,000円になります。週5日で3万円、1ヵ月で12万円です。充分な生活の足しになるはずです。3時間程度なら生活リズムを大幅に変えずに済みますし、子育て、家事、育児にも専念できます。

薬剤師になれば、アルバイトはいくらでもある
薬剤師にはアルバイトが色々とあります。しかも調剤薬局、ドラッグストアが中心となるので、全国どこに住んでいても仕事には困りません。つなぎに仕事が出来ますし、ブランクがあるなら、知識を取り戻すまでの勉強期間中、リハビリ的にもできます。色々な働き方が可能な点も、薬剤師のメリットと言えます。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ