「製薬会社」で働く薬剤師の悩みについて

製薬会社で働く薬剤師の悩みとは!?

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

医療の技術と双璧を成す医薬品は、より良い医療提供にとってとても重要なものです。その医薬品開発や製造を担う製薬会社は、企業とはいえ人の健康を支えるためになくてはならない存在であり、新薬がなければ解決しない疾患なども存在していますし、認可されれば多くの人を救えるという薬が現在でもたくさん存在しています。そのような製薬会社を支えるのはひとりひとりの研究者であり、薬剤師です。ただ、製薬会社に勤める薬剤師が担う役割で一番多いものがMRという半ば営業のような仕事であり、人と接することがメインのその役割に対していつの間にか薬剤師として大切なものを忘れてしまうこともあるというのが独特の悩みです。

企業である以上、他社よりも早く、他社よりも優れた医薬品を発表して、さまざまな分野でシェアを獲得することが重要になります。医薬品の本質がどうであれ、会社を拡大させていくためには営業活動が重要で、製品の受け手側は自身で隅から隅まで調べてその製品を理解するということがないため、絶対にプロモーションや営業が必要です。それを頭では理解できていても、実際の仕事は会社の利益に繋がるようなことばかりで、本質がなんなのかということを見失ってしまう方もいます。

薬剤師という資格に対して理想が高い方ほど、MRなどの仕事を進めていくうちに違和感を感じることがあり、白衣を着こまない仕事、毎日営業マンのように走り回るということに対して、疑問を抱いていしまう方も多いです。ただ、そのまま経験を重ねていけばプロダクトマネージャーのように世界を股にかけた規模の大きい仕事ができるということを励みしている方もたくさんいますが、プロダクトマネージャーへの門戸は狭く、誰もが成れるというわけではありません。自然と出世競争に必死になっている自分に気がつくということになる方も多いです。

もっと上に進みたい、醍醐味のある仕事がしたいと考え、ポストがないと嘆く方も多いのですが、現在では新興の製薬会社も増えてきています。そのような会社は大企業経験者などを招き入れ、急速に規模を拡大していく必要があります。同じ仕事を続けるにしても、よりチャンスがあるフィールドに身を置くことで、仕事に対してのやりがいや可能性を見出すことができるようになることがあります。

キャリアアップに関しての相談は転職エージェントが得意とするところです。人格も含めた自身の良いところを見抜き、経験も踏まえて最適なフィールドを紹介することができますので、一度相談してみるととても参考になります。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ