「パワハラが激しい」薬剤師の悩みについて

パワハラが激しい

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

パワーハラスメントの英語訳は power harassmentで、職場の権力(パワー)を利用した嫌がらせのことを言います。職場の権力者といえば、一般的には、上司や先輩たちのことでしょう。薬剤師にとっての上司とは、薬局の先輩や、医局調剤部内の先輩のことを指すのでしょうか。いいえ、そのほかにも権力(パワー)を持ったかたがいます。たとえば、総合病院内で言うと、医師やベテラン看護師。事務担当の事務局長という肩書があつ病院も多いです。小さな病院なら、院長のほかに理事長と呼ばれる経営者が存在することもあります。

権力を持った方イコール上司とは限りません。自分より年下の新入薬剤師ですら、ある意味パワーがあって理解不能の言動や態度などで苦しめる場合がありますから。つまり、パワハラとは、一般的、世間的の言い回しに寄れば、権力を持っている上司が部下に嫌がらせの言動をはいたり、嫌がらせの行動に出ることですが、解釈によっては、同僚や部下も上司にたいしてパワハラはできるということです。

では、薬剤師が受けるパワハラを解決するにはどうしたらいいのでしょうか。あるアンケートの結果では、60%以上の薬剤師のかたが、現在または過去にいじめを受けたと回答しています。薬剤師の職場パワハラは、パワハラの中でもひどい方だとおっしゃる心理学の専門家もいるようです。なぜなら、薬剤師というのは女性が多い職場ということで、パワハラの陰湿さはかなりのものだからかもしれません。女性ばかりがいじめたり、いじめられたりする訳では、もちろんありませんが。

そんな薬剤師の職場パワハラから立ち直った人たちの対処方法は、以下の3つにおおまかに分類されます。その1.上司へ職場パワハラの実態を報告する。その2.職場パワハラを対処する機関に相談する。その3.転職する。上司へ職場パワハラの実態を報告する場合は、職場パワハラの対処法としては一般的です。薬剤師に限ったことではなく、どんな職場でも職場パワハラの被害にあったら、まずは上司へ相談するでしょう。もし、相談すべき上司から受けるパワハラの場合には、その上の上司に相談しましょう。

職場パワハラを対処する機関に相談する場合。その機関としては、弁護士の無料相談、労働局または都道府県労政主管事務所の無料相談などがあります。これらの相談機関に相談してみましょう。裁判に訴えると費用もかかり、精神的にも苦痛を強いられる場合があります。そして、いますぐにでもパワハラから開放されたいと思われている薬剤師さんの場合には、転職という手段もあります。職場を変えれば人間関係は一新されますので、気持ちも新たに再出発ができる可能性が大きいからです。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ