「薬剤師の資格取得」薬剤師の悩みについて

薬剤師の資格取得

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師になりたいと考えている人は多いです。社会が不安定な時代に突入しているので、一生安泰な手に職を付けたいと考えている人も増えています。その時代背景を受けて薬剤師になりたいと考えている人が増えているのです。

ところで、その薬剤師にはどうやってなれば良いのでしょうか?何かの試験を受けるのだろうとは何となく予想が付きますが、実際にどのような試験が待っているのでしょうか?

薬剤師になりたければ、まず大学の薬学部を出なければならない
結論から言いますが、薬剤師になる前に、まずは大学の薬学部を卒業しなければいけません。薬剤師になるためには国家試験を受験して合格する必要がありますが、その国家試験を受けるためには、まず受験資格を手に入れなければいけません。その受験資格は、大学の薬学部を卒業しない限り、どうやっても手に入れられないのです。

薬剤師の地位向上のために、大学の在籍期間が延びた
2004年以前は、大学の薬学部と言うと4年制でした。一般の大学と一緒です。しかし2004年からは制度が改正されて卒業までに最低6年は掛かるカリキュラムに変わりました。その理由は、薬剤師の地位向上のためです。薬剤師の地位は正直高いとはいえず、医師の出した処方に疑問をさしはさんだ薬剤師が、怒鳴り散らされるといった場面も実際に起きています。

その薬剤師の立場を高め、医師と同程度の権利、権限を医療の最前線で持てるようにと、大学の在職期間が4年から6年に延長されました。より専門性の高い人材を輩出できるように、制度が変更されたのです。その分、これから薬剤師を目指す人は、6年生の大学を卒業しなければいけません。例外や抜け道はありません。

試験内容は多岐にわたる
薬学部を卒業した上で国家試験を受けますが、合格率は毎年8割程度と高いです。その分、大学に入学、卒業するための勉強が必要になります。国家試験までこぎつけてしまえば、薬剤師は射程距離に入ってくると言えます。

試験の問題は、必須問題試験と一般問題試験に分かれ、「物理、化学、生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務」など、多岐にわたるテストがあります。

試験は年に1回、試験会場は【北海道・宮城・東京・石川・愛知・大阪・広島・徳島・福岡】になります。

抜け道はないので、これから薬剤師になりたいと思う人は、薬学部を持つ大学入試に向けて準備を開始して下さい。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ