「薬剤師の適正」薬剤師の悩みについて

薬剤師の適正

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師の適正とは何なのでしょうか?手先が器用だという能力も必要そうですし、薬学部を卒業するだけの学力も必要です。長い時間を勉強に費やす精神的なタフさも必要ですし、記憶力の良さもあげられるかもしれません。しかし、それだけでは足りません。薬剤師としては成功するには、柔軟性が必要になってきます。

柔軟に物を考える能力が、求められる
調剤室に引っ込んで調剤だけをしたがる職人的な薬剤師もいますし、医師の追随を許さない、膨大な薬の知識を持っている薬剤師もいます。しかし案外、そうした薬剤師が社会的に失敗してしまうケースもあります。なぜでしょうか?往々にして、柔軟な考えが持てていないからです。

薬剤師の仕事は、外から見ている以上に簡単ではありません。一日にたくさんの処方せんを扱うので、業務を効率化していかないと作業は終わりません。今までのルールに縛られず、常にどうすれば業務を改善し、かつ安全性を確保できるのか、考え続ける柔軟性が求められます。ミスを最小限度に抑えるための工夫を毎日の仕事の中で取り入れ、自分のアイデアだけでなく、同僚、先輩、後輩などの意見を取り入れる度量も必要になってきます。

一方で、新しい職場に移ったら、職場の新しい方法に適応する柔軟性も必要になってきます。薬剤師は特に女性の場合、一生のうちで何度か転職をすると考えられます。新しい職場には新しいルールがあります。良くも悪くもそのルールを尊重し、1度は飲み込む柔軟性が必要になってくるのです。

「このやり方は、おかしい」
と主張する前に、既存のルールを1度飲み込み、そのルールを完全にこなせるようにならないと、自分の提案は受け入れてもらえません。

視野を広く、柔軟な思考を失わないようにしよう
薬剤師は放っておくと、自分の世界、深い専門性の世界に入り込んでしまいがちです。薬剤に関する知見は深まっていくかもしれませんが、視野も狭くなってしまいます。世界的な経営コンサルタントの大前研一氏の言葉を借りると、「別に人間国宝になるつもりがないなら、できるだけ柔軟に、視野を広く持つ」必要があるのです。

職人気質でガチガチにこり固まると、結果として自分の首を絞める結果になります。働ける場所がどんどん狭くなってしまうのです。せっかく色々と求人が出回っているので、いつでもどこにでも身体1つで飛び込めるだけの若さを持ち続けましょう。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ