「給料・年収が低い」薬剤師の悩みについて

給料・年収が低い

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師になるまでの薬学部の学費、薬剤師になってからの給料、年収、将来性などなどお金にまつわる事柄について書いてみたいと思います。純粋に金銭的なことのみについて書き出してみると、やりがい、薬剤師の職種の種類、仕事の重要性はさておきました。薬剤師の仕事は、一般のかたから見れば、高収入で安定性がある職種と写るかもしれません。そのすべてが正確ではありませんが、薬剤師になるまでにかかった学費などから算定してみると、薬剤師の給料や年収は、もろ手をあげて高級ですとはいいがたい現実があるようです。

例えば、学費に関して言えば、単純に以前の4年制の1.5倍の負担増となりました。理科系の私立大学を仮に4年で卒業すると、単純に学費だけで約600万円くらいかかります。もちろん、大学のレベルや環境で変わってきますが、だいたい一年間の私立理系の学費は150万円くらいとみなせばいいでしょう。ところが、薬学部の修学年数が6年制になったため、私立の薬学大学の学費が、平均800万円から1200万円へと、単純に1.5倍になってしまいました。他にも教科書代や病院実習費などもろもろかかるものと思われます。

総生活費も、平均約600万から約900万へ1.5倍、学費と生活費を合わせると、総額約1500万から約2250万へ1.5倍になり、その上実務実習費を別途徴収する大学が多いのです。資格取得に時間と労力とお金がかかった分でいえば、薬剤師の給料はしかるべき額になって当然ですし、年収も一般の事務系の仕事やバイトのかたよりは多く欲しいと思うのは当然のことです。

しかし、病院や医院、調剤薬局などで、ある程度の薬剤師の供給が得られている現況からしてみると、年収の伸び悩みは否めないのではないでしょうか。学生時代は実習や研究で、自由になる時間が文系学部に比べて少なく、勉強量も理系のかなではかなり多いほうなのに、年収が比較的少ないことや、勤務時間が長いという現実に、多くの薬剤師のかたはギャップを感じているのではないでしょうか。

ある調べで、薬剤師の30歳から38歳の平均年収が書かれていました。調剤薬局別の年収なのですが、おおよそ、390万円から520万円となっていました。30歳といえば、働き始めて約4、5年でしょう。男女ともに結婚をして、お子さんの一人や二人がいるかたもあろうと推察されます。また、薬剤師の月給は、40歳初頭で頭打ちとなる場合もあるといいます。その後、年収が伸び悩むことから、転職するパターンか増えるようです。薬剤師は比較的転職には有利でありますが、薬剤師飽和も叫ばれている中、高収入で働きやすい職場をリサーチしておくことも大切となります。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ