「副業をしようか悩んでいる」薬剤師の悩みについて

副業をしようか悩んでいる

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

サラリーマンや家内工業のかたたちの副業が盛んになっていると、週刊誌や新聞などでも報道されました。このような不景気な時代には、正規の給料や年収のアップは、よほどのことがない限りあまりないといっていいでしょう。薬剤師として、病院の医局や調剤薬局やドラッグストアーなどで働いているかたも、実は副業について考えている場合が多いと聞きました。今の職場がすごく居心地がいいので、転職などは考えていないが、少しでも収入をアップさせたいと思うのは、当然なのではないでしょうか。

地方で開業している医師などは、副業とまではいいませんが、出身医科大学に週に何度か勤務するといった形態をとっている場合もあるようです。今の職場を辞めずに、確実に収入を増やしたいと考えるなら、薬剤師でもに最適な方法があります。それは副業をすることです。

一部のドラッグストアなどでは薬事に関する副業も認めているところもあるようですが、なかなか薬剤師免許を使っての副業は、調剤薬局など他の業種では難しいのかもしれません。管理薬剤師は、薬剤師免許を使っての副業は認められていません(薬事法 第8条 薬局の管理に記載)現在の薬剤師の平均年収は約500万円程度が多いと言われています。過去10年間のデータではほとんど平均年収に変動はありませんでした。薬剤師は安定していると言えばそうかもしれませんが、これからはどうなっていくかは分かりません。そして、これからは薬剤師にとっては、ますます厳しい時代になると思われます。

そんな時だからこそ、薬や疾患など専門の知識習得のための時間と同時に、給与など生活面に苦労しないための対策を講じていく必要があると思います。そういった方に適するのは、ネット副業です。メリットとしては、初期投資が無料、または低価格より始められるためリスクが少ないのです。そして、本業とは別に、空いた時間に無理なく気軽にすることができるし、薬学という得意、専門分野を生かせます。デメリットは、副業が軌道に乗るまで、長い目でみていくことが大事です。無料でなお且つ、すぐに始められる、アフィリエイトについて説明します。

アフィリエイトとは、直訳すると「提携する」または「加盟する」と言う意味です。企業と提携することによって、その企業の商品を売るとかその広告がクリックされると報酬が得られる、これがアフィリエイトです。

どこに広告を貼ればいいのかということですが、広告を貼る場所は自分のサイトやブログ、メールマガジンなどです。ホームページ、ブログ、メールマガジンのどれかを持つことですぐに始める事ができます。薬剤師のかたは専門知識をブログで紹介して、薬のことを知りたい読者に説明をします。そこに広告を貼れば、副業収入が見込まれます。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ