「スキルアップできない」薬剤師の悩みについて

スキルアップできない

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師という仕事を継続してゆくためには、進歩する医薬品についての勉強や、研修会などにも参加しなければなりません。薬剤師のスキルアップ(訓練して技能を身に付ける)にはいろいろな方法を習得していく必要があります。スキルアップはキャリアアップへそのままつながり、当然収入アップの道が開けてくるでしょう。

薬剤師がスキルアップできる分野の種類と、手法を書き出してみます。一番には薬剤師の業務をおこなう上で必要な知識の専門性向上があります。発売された新薬についての勉強や、患者への服薬指導についての効率アップは職場において最も必要とされています。店舗勤務の薬剤師の場合は在庫管理と在庫システムに関して、会計管理と会計システムについて学ぶことも有意義でしょう。薬剤師の規定については薬事法によって定められており、法律の内容は改訂される場合がありますので、薬事法の勉強なども必須です。

薬剤師として、薬学や薬品の専門知識が必要なのはいうまでもありませんが、店舗勤務や製薬会社の営業となると、人としての常識やマナーの向上、コミュニケーションスキルの向上が必要とされます。キャリアを重ねることにより、薬剤師の活躍の場は広がり、様々な人に会います。そのときに必要とされるのがコミュニケーション能力です。

患者やお客様への対応、職場のスタッフとのコミュニケーション。自らが上司の立場となった場合には医療チームや店舗をまとめてゆくマネージメントスキルも求められてきます。薬剤師の分野でなくても広く一般的にいえる事ですが、コミュニケーションスキルの向上なくして、キャリアアップは成し得ないということなのです。

こうしたキャリアアップは、就業先で完備しているところもありますが、薬剤師の人材派遣会社では登録スタッフに定期的にキャリアアップ研修をおこなっている所もあるようです。転職を考えたとき、スキルアップセミナーの体制についてもチェックが必要です。

薬剤師としての幅を広げるという意味で、関連資格を取得する薬剤師さんもいます。例えば漢方薬や生薬の勉強をしたり、日本糖尿病療養指導士の資格を取得したり。接客やカウンセリングの強化の目的で、日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー、ヘルスケアカウンセラーなどもあります。高齢化社会に対応しての資格としては、ケアマネジャー、介護福祉士、ヘルパーなどの資格取得もスキルアップの方法かと思います。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ