「職場に安定性がない」薬剤師の悩みについて

現在の職場に安定性がない

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師の仕事は、一般のかたから見れば、高収入で抜群の安定性がある職種と写るかもしれません。しかし、病院や医院、調剤薬局などで、ある程度の薬剤師の供給が得られている現況からみる安定性は、どうでしょう。一般的には、薬剤師の就職に関する問題として、この職業の飽和が指摘されています。地域で発行される求人広告誌は数多くありますが、事務作業を中心としたり、販売関係(主にコンビニエンスストアー)などの時給に比べれば、薬剤の求人時給は高いも水準にはなっています。しかし、その求人は、正式な社員としての求職条件ばかりではありません。

例えば、ある地域の日曜日の新聞に折り込まれた求人誌、C社を例にとりましょう。その、折り込み求人広告の、「薬剤師さん募集」という記事です。内容としては「急募、薬剤師さん。ただしパートが望ましい。時給1200円。三か月の試用勤務の間は時給980円となります」と、このような内容でした。大きな人材派遣会社の公募でもこのように時間で雇用するパートの薬剤師募集が多くみられ、薬剤師の職場にあまり安定性をうたっていないのです。他の日の別の会社の急募には「薬剤師一年間の契約社員として募集」とありました。

ですから今後の薬剤師の仕事や、雇用体制についての安定性には、疑問の声も一部分にはあるようです。確かな国家資格として認知されていることなどから、人より優れたスキルや経験を身に付けておけば、必ず将来的には希望は繋いでいけるでしょう。女性の「仕事に就区場合の有利なベスト10」には、「手に職をつける」というのがトップに書いてありました。他の仕事で言えば、例えば看護師や教師、保育士やキャビンアテンダントまで、手に職といっても広範囲にわたります。しかし、就職に有利という点においては、上記にあげた職業は同じかも分かりません。

ただ、何もしなくても安定する仕事などは、就職事情が悪化している現在の時代に存在するとは思えませんし、まずは仕事の内容から、判断していけたらよいでしょう。薬剤師の仕事というと、まず思い浮かべるのがドラッグストアなどで白衣を着て、お客さまの相談にのりながら、販売をする。そういうイメージもあります。薬学や薬剤の事業から少しだけ離れてしまった主婦経験者の薬剤師を、比較的安価な時給でピックアップしたいというのが、ドラッグストアーや調剤薬局の経営者の本音ではありましょう。

本格的に薬剤師として職場復帰を考えている既婚者はもちろんのこと、現在までの長いキャリアを持つ病院の薬剤師なども、今以上の生活の安定や、スキルアップ、職場の安定性のレベルを上げたいと思うのは当然です。そんな時は、パソコンサイトにある薬剤師に関する悩みの相談的なサイトや、コーナーを参考にするのも一つの解決方法につながります。現在の職場に安定性がない、もしかしたら職場が縮小される、正社員としての給与に不安がある薬剤師のみなさんはそのような、薬剤師に関する無料相談サイトへの登録をおすすめします。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ