「ストレスがたまる」薬剤師の悩みについて

ストレスがたまる

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

社会に出て一番つらいのは、就職した会社の人間関係にストレスを感じてしまうことではないでしょうか。人と関って仕事をすれば、ある程度の摩擦や感情の行き違いはあるものです。そして、それにストレスを感じることはだれにもあることです。では、薬剤師の感じるストレスとはどのようなものなのでしょうか。

薬剤師は医療現場において患者に薬を出したり薬についての相談にのるなど、健康を支えるチームの大切な一員です。患者の健康はサポートしているけれど、薬剤師自身の体の健康や精神面のケアはできているのでしょうか。薬剤師へのある調査によれば、自身を健康と感じている人は半数以下であるという結果がでたのです。半数以上の薬剤師が自身の健康を不安と感じているわけです。ストレスについては、30%以上の薬剤師がストレスを強く感じており、過半数のかたが、ストレスは多少あると回答しています。薬剤師のうちの80%以上がストレスを感じているということになります。

どのような時やどんなことにストレスを感じるのでしょうか。ストレスの内容とは、最も多いのが仕事の負担です。職場での仕事の負担が大きすぎると、ストレスを感じるきっかけになります。その他のストレス要因は、職場の同僚や上司に自分のことや自分のやっている仕事が理解されていないと感じるストレスがあります。仕事が忙しくて、プラベートな時間、趣味のための時間、友人や恋人と会う時間すら取りにくい環境も、ストレスを感じる要因ではないでしょうか。

患者やお客様の健康を担って、それをサポートする立場にいる薬剤師は、健全な精神と健康な体を維持して、つねにポジティブシンキングを心がけてもらいたいです。なぜなら、薬というものは毒にも生り得ることがあるからです。薬剤師のストレスが現在の仕事に影響し、調剤ミスなどにつながる可能性がないとはいえないでしょう。健康な心と体であれば、そうした調剤ミスや、うっかりミスも減るのではないでしょうか。

一人の薬剤師自身だけが、自分の健康に勤めたとしても、職場という社会環境の中ではその実現には難しいものがあるでしょう。病院や店舗などの経営側は、薬剤師が十分に仕事に全力投球できるように、職場環境の整備や教育制度の充実を計る必要があります。万が一自分の会社の薬剤師がストレスによってこころの病に罹ったり、体調を崩す場合があるとしたら、それは経営者にも責任があるのではないでしょうか。

これまで以上に、メンタル面での相談日を設けるとか、職場の不満を言いやすい環境を整える必要があるでしょう。近年、厚生労働省では「職場におけるメンタルヘルス対策検討会」を発足しました。うつ病等の兆候があるかなどを調べる、ストレス検査の義務付けを提言しました。薬剤師の心と体の両面からのケアについて、やっと検査や相談の実行が始まってきたということです。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ