「留学がしたい」薬剤師の悩みについて

留学がしたい

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

大学時代に海外への留学を経験する人が多くなっています。海外語学留学をあっせんするサイトもたくさんあって、薬剤師を志して学んだ人の中でも、海外留学をしたことがある人もいるのではないでしょうか。もっとも、大学生の場合は必修科目の多さや、難解な講義に日々奮闘するため、留学に目を向けるチャンスはそう多くはないとは思いますが。しかし、、薬剤師の中には決して多くはないようですが、海外留学を経験している人もいます。現在はどんな職業でも海外留学を希望する人がいる時代ですからそれを思えば驚くようなことではないのです。

もともと身につけなければならない知識や情報が膨大な量にのぼる薬剤師になった後で、海外留学までしようとすることは決して容易なことではありません。留学先の外国の諸事情によっては、日本より薬剤師がよい条件で働きやすい例もありますから、最終的に海外に住みついて働きたいと考える人も少数ながらいます。将来的に、国内での薬剤師の就業、労働条件が悪化して行く可能性があることを視野に入れて、海外進出を希望する場合もあるようです。

いずれにしても、海外留学や海外での就労を視野に入れた場合でも、薬剤師の資格はその国で取得する必要があります。もちろん、日本で取得した薬剤師資格は日本国内でしか通用しません。海外留学するにしても海外での就職を目指すにしても、一番の壁は、まずその国の語学に堪能になることではないでしょうか。言語が解らなければ、外国で暮らすことは至難の業になってきます。

薬剤師のみなさんの中でも、海外での薬学の研究やもっとスキルアップした薬学の勉強をすることを狙う人もいるようです。その国によって、薬剤師がじっくり勉強できる環境や内容は違いますし、海外のほうが日本よりも研究しやすいテーマは多くある場合もあります。大学や大学院のような専門的な学校教育機関、あるいは製薬の研究機関で研究をしてきた薬剤師資格者の場合は、さらに上の研究課題を求めて留学を計画する人もいるでしょう。

一般の企業や病院、あるいは調剤薬局やドラッグストアに就職されている薬剤師の中にも海外で研究や勉強に励みたいと希望する人は増えているのではないでしょうか。この場合は、留学を終えて帰国してからどのような進路を選ぶのかという問題が、当然出てくるでしょう。海外に留学してしばらくして帰国してから、日本で最近働いた実績のない薬剤師を雇ってくれる職場があるかどうかという問題が必ず発生します。

そのような場合は、語学力や特殊な研究、海外での一定の実績を持っていることを評価してくれる企業に働きかけてみるのも一つの手です。製薬会社などで募集している研究や学術分野の仕事は、ドイツ語訳や英訳が多い仕事ですからきっと留学経験者には有利であり、大きなチャンスになるでしょう。帰国の際は、大手薬品会社や研究機関の学術分野にアタックしてみましょう。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ