「薬剤師の転職の面接」について

薬剤師転職の面接でお困りなら・・・

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師の面接も、一般職の面接となんら変わることはありません。どれだけ輝かしい実績を持っていたとしても、最後に問われるのは人格です。どのような人物なのかということが転職では決定打になります。面接は自身を相手に売り込む最後のチャンスであり、内定を勝ち取るための最大のチャンスでもあります。面接の成否で内定が変わると言っても過言ではありません。相手の面接官は、こちらの一挙手一投足を見て、短時間でどのような人材かを判断しようとします。

薬剤師という職業は、働いているフィールドによってコミュニケーションに対しての馴れが変わってきます。薬局などで服薬指導を行う仕事であれば、ある程度初対面の人とコミュニケーションを取ることに馴れている方が多いのですが、オフィス内勤務や研究職を歩んできた方にとっては初めて会う方に自身のことをしっかりと伝えるのはとてもハードルが高いことのように感じられるものです。

さらには企業によって面接のスタイルは大きく異なります。優しく丁寧にヒアリングしてくれる企業もあれば、あえて圧力をかける圧迫面接という手法を取る企業もあります。個人で挑むとどうしても出たところ勝負で、想定していた問答が行えない可能性が高いです。予期しない事態にどう対応するかということもテストされていると考えるしかありません。営業職などを経験していればそのようなコミュニケーションに関するストレス耐性があることも多いですが、そうではない場合、面接がとても怖いと感じる方が多いのが実情です。

転職を全面支援する転職エージェントでは、面接に対してのサポートもとても手厚く行います。面接時に気にしなければいけない基本的なマナー、半ば儀礼的になっていてどのような企業でも共通しているやりとりなど、模擬面接などの形でテストを行うこともありますし、薬剤師としての技量を図るために行われる質疑に対しての模範回答例などもレクチャーしてくれます。

何より力強いのは、面接前に先方担当官の情報を得ることができるケースが多い点です。面接も相性というものがあり、好感を得た相手の言うことについては前向きな捉え方ができるものです。相性の好みが最初からわかっていれば、コミュニケーションが苦手という方でも有利な面接展開が可能になります。個人で臨む場合では得られない情報が、転職エージェントにはたくさんあります。内定を勝ち取るための戦略パートナーが増えるということですので、面接が不安な方は活用することを推奨します。

面接に関する悩みを解消するにはエージェントに相談がベスト!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ