「職場の離職率が高い」薬剤師の悩みについて

現在の職場の離職率が高い

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師という職業は、専門の薬学系大学を卒業しなければ資格が得られません。私学の薬学系の大学は、医学部ほどには授業料が高額ではないのですが、文学系や他の理科系の大学よりは高額の授業料を覚悟しなければなりません。保護者の負担が大きいのもそうですが、一般的に医学や薬学系の大学は履修科目の多さや難しさで、講義をさぼることはほとんどできません。一度講義を受講しないと、あとあとの授業内容についていけない可能性がでてくるからです。

よって、一般的な文系理系の大学生のように、コンビニエンスストアーや服飾関係、居酒屋などでアルバイトすることは困難な場合があります。そのうえ親元を遠く離れての下宿生活ともなると、親御さんの金銭的負担は相当大きくなるでしょう。そんな状況を乗り越て、難しい国家試験を通った人だけが晴れて薬剤師という資格を得ることができます。

しかし、昨今その薬剤師の離職率が高いということが言われています。多大なるお金や時間、心理的な負担や犠牲を払ってまで取得した薬剤師資格を生かそうと就職した職場なのに、なぜ離職する人が多いのでしょうか。その理由としてあげられるのが、職場での居心地が悪さ、職場が自分に合わないなどということがあるのではないでしょうか。逆をいえば、離職率が低いということは、職場に自分の気持ちや条件がマッチしている、居心地が良いということになります。これは薬剤師の世界だけに限らず、一般企業でもいえることですが。

離職率が高い職場は、はっきりとした理由が見受けられないのに、なんとなく居心地が悪場合があります。人間にとって、なんとなくそこにいて居心地が悪いというのは気分が晴れないばかりか、仕事に集中できずに、その職場を盛り上げていこうという気力をそぐことになります。生涯年収ということで考えた場合、短い期間で転職を繰り返しながら収入アップをはかる薬剤師さんや、安定した居心地の良い離職率の低い職場で着実に収入をアップさせていくパターンがあると思います。職場に不満のある薬剤師さんは、思い切って環境を変えるもりでの転職も選択肢に含まれるのではないでしょうか。

薬剤師は他の職業に比べて離職率が高めの傾向にあります。その理由として、結婚や出産、育児などの家庭の事情で職場を離れる女性が多くいることがあります。育児が落着いてきたときに再度復職をすることの多い職業でもあります。薬剤師は売り手市場の求人の多い職業としても知られています。ですから収入アップの目的で転職する薬剤師さんも少なくないのです。薬剤師のかたで、今の職場の勤務時間や年収などに不満がある、職場で人間関係に悩みをかかえてストレスがある場合など、まずは、転職サービスに登録してみて下さい。正しい情報収集をすれば高待遇の転職先は多数あつと思います。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ