「土日休みがしたい」薬剤師の悩みについて

土日休みがしたい

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

土曜日曜が休みの職場が増えています。学校のゆとり教育の一環として、公立小学校や中学校、高校まで土曜日も休みになったからでしょう。しかし、サービス業や運送業、食品販売、飲食業などは、土曜日と日曜日がかきいれどきになります。そのような職場が土曜日や日曜を休んでしまったら売り上げに悪影響が出るはずです。

実は、薬剤師という仕事も、土曜日や日曜日が出勤になっている場合があります。ドラッグストアーは年中無休ですし、病人やけが人の緊急搬入を受け入れている病院も、シフトによって休日や祝日の出勤を義務付けていることがあります。既婚者の場合は、家族と過ごす時間を大切にしたいので子供や配偶者の休みの土日は家にいたい。当直やシフトでの勤務をしているが、友人との休みがあわずに遊ぶことができない。そう思う薬剤師も多くいるかと察します。

日曜の出勤が自分の生活リズムに合わないと感じたので、平日のみの薬剤師勤務にしたい。など、土日のお休みを希望する薬剤師さんはかなり多いようです。そして、求人数の多くある薬剤師の仕事の中からであれば、そういった土日休みの求人見つけることは可能でしょう。

土日休みの薬剤師の勤務先は、まず製薬会社、医療関係商社などの企業勤務があげられます。これらの企業は通常なら、土日休みの就業形態のところがほとんどです。他には、病院、調剤薬局でも土日が休みの個人経営のところ。ドラッグストア、調剤薬局、病院などでも、シフトで平日のみの勤務が可能な会社もあります。公務員として、厚生労働省などの官公庁へ勤務したり、県市町村の保健所勤務の場合も、ほとんどの場合が土日祭日は休みになります。

就業形態としては、製薬会社や商社、公務員などの場合は、ほとんどの場合が正規の職員勤務となります。民間の病院や調剤薬局なは、土日休みを希望するなら正職員のほかに派遣や時間パートなどが就業形態になります。ドラッグストアなどの場合は、正職員採用の場合は月の土日が、全部休みになることは不可能かもしれませんが、パートやアルバイトといった就業形態も考えられます。

土日が休みである薬剤師の仕事を探す場合、どのような方法があるのでしょうか。一般的な求人情報では、ドラッグストアーなどの店内に、求人広告が貼り出されているケースがあります。それで応募するのも一つの方法かもしれませんが、その業務内容や職場の雰囲気、人間関係などなかなか分かりにくいものです。土日休みの薬剤師の仕事を探すためには、薬剤師専門の人材紹介会社や転職支援サービスを利用することも一つの手段です。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ