「勤務時間が不満」薬剤師の悩みについて

勤務時間が不満だ

→薬剤師の転職サイトランキングはコチラ

薬剤師として働く労働時間とは、働く場所や機関によっても異なりますが、基本は8時間労働です。しかし、病院勤務の薬剤師さんの場合は夜間勤務もありますし、土日の出勤もありますから、労働時間はそのシフトにより違ってくる場合が多いようです。

薬剤師の働く場所としては、病院の他にはドラッグストアや調剤薬局などがありますが、この場合は常勤やパートなどの職務携帯によって差が出ます。1日3時間程度の労働時間のパートさんもいれば、1日8時間程度契約社員としての薬剤師もいるので、労働時間はシフトや勤務体制によっても異なるということです。

正社員として勤務する場合は、1日8時間は当然として働きますし、その状況によっては、それ以上働かなければならない場合もあります。労働時間は、薬剤師の働き方により異なりますから、自分の働きたいときに働き、家庭生活や私生活を充実させたいという薬剤師は、派遣やパートなどで薬剤師として働く事がよいのではないでしょうか。

基本は8時間労働の薬剤師をしていても、研修や勉強会などで時間が延びたり、休日出勤になることも多々あるらしく、緊急対応等で勤務時間が延びる病院もも多いようです。病院勤務の薬剤師の場合は、基本の労働時間は8時間で、夜勤、休日出勤があり、夜勤は1人で調剤部を守るそうです。ただし、シフトによって遅番になるので、労働時間は平均8時間ぐらいです。

ある労働時間の調査結果では、薬剤師の労働時間の月平均として170時間という結果が出ています。この調査は、全国の薬剤師の男女問わずに調査した結果の労働時間となります。薬剤師の求人数は比較的多いため、薬剤師の希望次第では、1日に3時間だけ働くということや、1週間に4日だけという働き方も可能す。労働時間は薬剤師自身で決められる傾向にあるといえるでしょう。

平成22年の薬剤師収入結果によると、平成22年の薬剤師の平均月収は37万円、推定される推定年収(ボーナスを含む)は518万円、平均時給は2,124円でした。過去10年間の収入推移を見ても、比較的安定した推移となっています。また、月収、時給ベースでも年収とほぼ同様の推移を見せています。勤務先は、調剤薬局やドラッグストアが人気で、調剤薬局の薬剤師の平均年収は約400?650万円くらい。ドラックストアは、約400?700万円以上(これは店長クラスです)。病院勤務の場合は約400?650万円くらいで、製薬会社勤務が、約400?800万円以上(営業職)。

年収が多いということは、責任も重くなるというのが仕事の原理ではないでしょうか。責任が重くなれば、当然勤務時間の自由もきかなくなる場合があるということです。特に、ドラッグストアでは有資格者があまり多くいませんので、薬剤師としての高い専門性を発揮することができますが、勤務時間についての不満は残る可能性もあります。しかし、そうしたことを含めて仕事のやりがいにつながるのかもしれません。

今の悩みを解消するひとつに転職という手もあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
公式サイト 詳細・申込みはコチラ
対応エリア 全国
利用料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
公式サイト 詳細・申込みはコチラ